24. 柔道

色違いのチームTシャツ

2016年05月13日 17時06分

オリジナルのチームTシャツときくと、全員がまったく同じものを着用している、
といった写真を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。
確かに、チームTシャツの最大のメリットとして挙げられるのは、
みんなで同じユニフォームを着ることによって、
そのチームの結束力や団結力を高めるといったものです。
 
しかし、それを少しアレンジしてみて、オシャレなチームにすることも可能です。
最も簡単なアレンジが、Tシャツの色を変えるといったものになります。
色違いのTシャツを作ることによって、
チームに団結力だけではなく、新鮮な雰囲気が流れるようになります。
 
大きな柔道チームの場合は、チーム内でグループ分けをするために、
いくつかの色のTシャツをオーダーするのもよいのではないでしょうか?
また、単純に男性と女性の色を分けるのにも利用可能です。
男性は黒、女性は白といったようにTシャツの色で分ければ、
ぱっと見てすぐにわかりますし見た目もカラフルでおしゃれになります。
 
または、季節ごとに新しい色のTシャツを作るというのもよいでしょう。
夏は白だったけど冬はグレー、春はピンクなどなど、
全く同じデザインのTシャツでも、大元の色を変えるだけで、
オシャレな楽しみ方ができるのではないかと思います。
 
色違いのTシャツを作るのには、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか?
実は、デザインがまったく同じでTシャツの色だけを変える場合、
かかるコストは全く変わらないのです。
 
もちろん黒のTシャツの素材よりも白のTシャツの素材のほうが良いとなると、
当然白のTシャツのほうが高くなります。
しかし、黒も白も全く同じ価格のTシャツを選べば、
全く同じコストで複数の色のチームTシャツを手に入れることができるのです。
 
シルクスクリーンプリントを利用する場合は、製版代は1つ分で済むため、
プリントの土台となるTシャツの色に関わらず値段は変わらないのです。
 
デザインを変えてもTシャツの雰囲気は大きく変わりますが、
例え同じデザインだったとしても、Tシャツ自体の色を変えるだけで、
見た目も雰囲気も大きく異なります。
プリントのデザインが一緒である限り価格は変わりませんので、
安いのに数種類のチームTシャツを手に入れることができます。
 
しかし、例えば白と黒のTシャツを作ったとしてデザインが黒の場合は、
白のTシャツに対しては良く映えますが、黒のTシャツには映りません。
この場合は、黒のTシャツのためにデザインを白にする必要があります。
 
プリントする色が変わる場合は、版をもう1つ作らなければなりません。
そのため、追加で版代がかかってきます。
ただし、1色のみであれば数千円で作ることができますので、
たくさんのチームTシャツを手に入れられるということを考えると、
非常に安い買い物といえるのではないでしょうか?
 
しかし、その版代がもったいないという方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、複数のTシャツの色に合ったデザインを、
予め考えておくようにするとよいのではないかと思います。
 
例えば、白と黒のTシャツを利用する場合は、
赤や黄色などのデザインを用いればきれいにプリントされるはずです。
版を変える必要はありませんし、双方のTシャツにデザインが張り付きます。
 
それでは、シルクスクリーンで利用できるインクはどれくらいあるのでしょうか?
業者によっても異なりますが、基本的には数十種類の中から、
好きな色やTシャツカラーに合う色を選ぶことが可能です。
もちろんTシャツも色々なカラーがありますので、
好きな色を組み合わせてオシャレなチームTシャツを作ることが可能です。
 
全く同じデザインだったとしても、
Tシャツの色、もしくは利用するインクの色を変えるだけで、
イメージが大きく異なるTシャツが出来上がるのではないでしょうか?
様々な色で組み合わせを考えてみるのも面白いですし、
オシャレな色を見つけたらそれを共有し合うのもよいのではないかと思います。